根強い人気のあの種類

日本では以前から人気があり、外国の猫としてはポピュラーともいえるのがアメリカンショートヘアです。アメショーの愛称でも親しまれています。17世紀にイギリスからアメリカに渡ったメイフラワー号に乗っていた猫の子孫と言われていて、1966年まではドメスティックショートヘアという名前で呼ばれていました。日本ではグレーと黒の模様のシルバークラシックタビーが一般的ですが、黒や白、赤など様々な毛色が存在し、中にはブチ模様や柄のない猫もいるそうです。これはアメリカンショートヘアが純血種ではなく、他の種類の猫との交配を繰り返してきたからです。

元々愛玩用ではなく、ねずみを捕る目的で飼われていたため、好奇心旺盛で怖いもの知らずな勇敢な性格です。活発で人も好きですが、気ままで自由奔放なため、気分によって触られるのを嫌がったりする、典型的な猫の性格に近いです。

身体を動かすのが大好きですが、太りやすい種類でもあるため、運動量の変化に応じて食事の量を変えるようにしないとすぐに肥満になってしまいます。成猫の場合平均体重は6~7キロと一般的なサイズなので、きちんと体重管理をしてあげましょう。キャットタワーなどの身体を動かせるおもちゃが大好きなので、運動不足にならないためにも取り入れるのをおすすめします。

人気のマンチカン

マンチカンは特徴である短い脚がかわいいと人気の猫種です。性格はおとなしめで、怖がりな面もあります。好奇心旺盛ですが穏やかな性格で、人になれやすいのはもちろん他の猫に対しても温厚なので、多頭飼いにも向いています。おとなしいため留守番も得意ですが、好奇心が強い子供のうちにはいたずらをしてしまうことも多く、その時期にきちんとしつけないと大人になっても家を荒らしてしまう子もいます。

脚が短いため他の品種に比べるとジャンプ力が弱いですが運動神経自体は良く、走るのはもちろんジャンプが得意な猫もいます。ですが体型ゆえに身体に負担がかかりやすいので、飼い主が気をつけてあげないとヘルニアなどになる可能性があります。

マンチカンは他の品種とのミックス種が多い猫でもあり、そのため毛色が豊富で、様々な見た目の個体がいます。中にはペルシャとの交配によって生まれたメヌエットのように一つの品種として認められている種類もいます。純粋なマンチカンでも他種とのミックスでも、短い脚という特徴が現れず普通の猫のように長い脚の場合もあります。短い脚同士で掛け合わせるのは遺伝的に良くないため禁止されていますが、短足になりやすいように違法に行うブリーダーもいるため、どんな親から生まれたのか確認することをおすすめします。